読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカのロックがね。

ロック

なんでこんなに好きなのか自分でもよくわからないんだけど、いつからか好きでそればっかり聴いてた。

 

ロックンロールとかR&B…ジャズ。

 

そういうものが奥底にある音が自由で気負いがない感じがして、楽しかった。リズムがロールしたりシャッフルしたりスイングしてて踊れるし、曲に乗っている言葉も浮ついてない。湿っぽくもなくて現実的な気がした。

 

 

ところで、前はブルースなんかちっとも面白いと思わなかったのに、このごろ何だか馴染んでいる。

 

高校生のときにRobert Johnsonを初めて聴いたけど、そのときは背筋がざわつくような感覚はあったものの「これは理解できない世界だ」とはっきり思ったのを憶えている。

 

ところがそれから10何年。すっかり居心地がいい感じに馴染んできた。

そんなにブルースばっかり聴いているわけでも詳しいわけでもないけど、聴いてて気が楽だし、落ち着く。

 

時間の流れがゆったりしてて、地に足着いてる気がする。

俺のやることはこれだ、スタイルはこれだ。

 

実にはっきりしてて、エンターテイメント。地道に積み上げた音楽。

そしてエネルギーが渦巻いてる。

 

やっぱり憧れてしまう。