読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stevie Wonder "Talking Book"

昔は、そんなに好きじゃないな。

と思ってたのに、いつの間にかよく聴いてるStevie Wonder

 

Talking Book

Talking Book

 

 

このアルバム、凄くかっこいいです。

自分なんかが言うまでもなく70'sソウルの名盤。

 

じゃ~、それなのに何で今まで自分はStevie Wonderをそんなに聴かなかったのか、と言うと、単純によく知らなかったからというのもあるけど、なんだか甘ったるいバラードばっかり歌ってるようなイメージがあったから。……当時、暗くて、重たいロックばっかり聴いてた若者にはそのどメジャー感に馴染めなかったんでしょうね。

 

それとは別にもう一つ理由があって、それは単純に歌が上手い、というか上手すぎるStevieの歌!

 

これは今でもそうだけれど、歌が上手い人は技巧に走りすぎる気がして、自分は得意ではない。どちらかといえば、フォーキーな、ラフで飾らない雰囲気の方が好きなのです。

 

それが徐々に「…あれ!?Stevie Wonder も結構良いぞ。」みたいに変わってきたのはSlyみたいなファンクを聴くようになってきてから。Stevie Wonderも"Superstition"みたいな凄い曲あるじゃんみたいになってきた。それに伴い、歌も好きになってきた。特に声を張った時の、低音の太くてソウルフルでシルキーな感じ。これがいいですね。

 

それと意外と、Stevie Wonderには、ラフというかかったるい面もありますよね。

このアルバムより前の"Music of My Kind"とかは特に。それはSlyにもちょっと通じる気がする。少しこもった感じのモコモコした音色と。

 

それが気に入って、自分に浸透してきたんでしょうね。今では、結構気付くと聴いてたりします。Stevie Wonderの人間っぽい面、ラフな面に気付いたというか魅了されたといいますか。もちろん凄い、完成された音楽なんですけど。

 

さて。

 

このアルバムの目玉は最初の"You Are The Sunshine Of My Life"と何といっても"Superstition"!

 

"Superstition"のスネアの音すごく好きなんですよね。イントロのドラムからめっちゃシンプルだけど、素晴らしきグルーヴ。

 

"Tuesday Heartbreak"と"Blame It  on the Sun"もいい。

 いいですね。

 


Macy Gray - Superstition - YouTube

ところで、このアルバム、Macy Grayが丸ごとカバーしてるそうです。

こちらも気になってます。良さそう。

 

 

広告を非表示にする