読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弾けぬけど弾いてしまおう適当ギター 抜け道篇

楽器

いざギターを始めた時に最初につまづくポイント、っていろいろありますが、ポピュラーなのはいわゆるFコードのセーハ(人差し指で全部の弦を同時に押さえる)で挫折するっていうことですね。

 

あるいはコード自体がなかなか覚えられなかったり、好きな曲がなかなか弾けなくて、そうこうしている間に指は痛いし、めんどくさくなってやめちゃう、という。

 

典型的なパターンですが…そこでやめちゃうのはすこし勿体ないような気がします。

 

最初はなかなか出来ないものだけど、そこでやめたら、

せっかく始めようと思ったのに、何もならんしつまらんわけです。

 

そこで……すこし発想を変えてみます。

 

弾けないんだったら、自分が弾きやすいように

楽器のほうを調整してしまえばいいわけです。

 

たとえば、何も押さえてないのに、

ただジャランと弾いた時点であるコードになっている…。

 

そんな便利なチューニング方法が世の中にはあります。

 

 オープンチューニングというやつです。

 

代表的なのはオープンG。

 

6弦からD,G,D,G,B,Dにチューニングします。

 

そしてジャランとかき鳴らせば、自然とGのコードが鳴る。

なんと、素晴らしいチューニング!

 

これなら何も押さえなくても、Gコード一発の曲なら演奏できます。

(そんな曲なかなか無いわけですが、無ければG一発の曲を

自分で作ってしまえばいいわけです。考え方次第です。

意外と良い曲できるかもしれませんよ!)

 

さらにこのチューニングの素晴らしいところはブルースなどで使われるボトルネック(スライド)奏法に向いてるというところです。

 

例えば、こんなやつ。

 


Blues On My Lap - Weissenborn Lap Slide Guitar ...

(映像のギターはワイゼンボーン・ギターというハワイアンやブルース、

カントリーで使われるラップスティールギターの一種です。

横にしてスライド奏法で弾きます。魅惑的なトーンですね。)

 

指にボトルネック(スライドバー)を装着し、弦の上を軽く滑らせる。

この奏法ならこれまた弦を押さえる必要すらなし。

 

少しコツは必要ですが、指もまったく痛くないです。

 

使える場面は少し限定されますが、これなら自分でも弾けそうな気がしてきませんか。

なんちゃってでも割と感じはでます。

 

とりあえず、そんな調子でも毎日ギターを触ってれば上達はします。

 

騙し騙しでもやってみて、出来ることを増やすことこそ重要です。

自分ができるように、やりたいようにやればいいわけで。

 

ほかにもオープンチューニングはいろいろあります。

自分で考えるのもよし、検索するもよし。

 

世の中にはチューニングを知らないギタリストや、小指なんて使わないよっていうギタリストもいます。

 

抜け道を探すのも時には大切なんじゃないかな。

発想の転換が大事だ、と思う今日このごろです。