読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近、読んで面白かった小説。

たまにはここ最近で読んだ小説の話を。

絲山秋子の小説を二作ほど読んだ。『小松とうさちゃん』と『薄情』。

 

小松とうさちゃん

小松とうさちゃん

 

 

薄情

薄情

 

 

『小松とうさちゃん』の方はネトゲにはまるサラリーマンと大学の非常勤講師の話で、割合軽いタッチの話。最後に起こるちょっとした偶然というか小さな奇跡みたいなことが、意外とすんなり受け入れられるっていうか、あまりにも出来すぎなんだけど、素直にいいなと思えちゃうところがやっぱりすごく巧みだなっていう印象。

軽く読めて面白いので結構オススメ。

 

『薄情』の方は群馬に暮らすフリーターと出戻ってきたその後輩、そして、東京から来た木工職人が中心になってる話。地方にずっと住んでいる人、Uターンしてきた人、そして、そこにたまたまやって来たよそ者との微妙な距離が描かれてる。って書くとそれだけの小説みたいだけど、もっとリアルで濃い。この小説ででてくる、変人工房みたいな場所あったら、絶対入り浸ってるだろうな。自分。

しかし、『小松とうさちゃん』もそうだけど絲山秋子の書く男はまったく違和感がないどころかしっくりくるのがすごい。この話の男性主人公も違和感なし。

 

 

原稿零枚日記 (集英社文庫)

原稿零枚日記 (集英社文庫)

 

 

 

小川洋子の『原稿零枚日記』も読んだ。小川洋子も好きでよく読んでるけど、絲山秋子とは全く対照的な世界だな、って思う。この浮世離れした雰囲気。こちらは女性作家の日記、という体の小説ですが、一つ一つのエピソードが幻想的っていうか境界線上の話って感じ。苔料理とか、ドウケツエビとかありそうでなさそうで、ありそうな話をチョイスしてくる妙。ドウケツエビって本当にいるのにビックリした。創作かと思った。

 

この小説の主人公の女性作家はあらすじを書くのが上手で、物語を追いつつもその作品のなかの光る小石のような部分を見つけるのが得意ってエピソードがでてきたんだけど、今、このブログ書いてて、自分はそんなこと、全然できねーなって思った。読んだそばから忘れてしまうし。

 

ところで、読んだ小説のことって何でこんなにすぐ忘れてしまうんだろう。で、忘れたころに同じ小説を手にとって読みはじめて、半分くらいして、アレ、そういえばこれ読んだなーってことがよく起きる。映画もそうだけど。