くちなしの歌

歌にうたわれる花って桜とか薔薇とか色々ありますが、クチナシも地味だけど意外とよくうたわれてますね。

 

っていうのもこの曲、聴いてちょっと思っただけなんですけど。

 ビートルズ・ライクなアレンジがすばらすぃ~曲!

 


原田知世 - くちなしの丘 PV

 

他にクチナシが出てくる歌といえば、松任谷由実の『やさしさに包まれたなら』が思い出されます。

 

ところで、クチナシって実が熟してきても割れないからクチナシというそうです。

要は「口無し」ってことなんですね。へ~。

 

考えてみると『くちなしの丘』も『やさしさに包まれたなら』もその「口無し」って言葉にかかってるんですね、詞が。

 

「くちなしの丘」は非常に抽象的な詞で、何を歌ってるのかはっきりと示されないんですが、それはつまり口が無いから、つまり言葉が無いからってことなんですよね。

 

ところで、クチナシは白くて可愛らしい花ですが、香りがよくて強いです。

確かに桜や薔薇のようには声高に主張しませんが、その存在を暗に匂わせてきます。

 

ここではそんな名前と花のイメージを巧妙に使われてて、「言葉にしたらすぐに壊れてきっともう戻らない」ほどの内心が曲を通して暗に匂わされ続けますが、具体的なところには全然着地しません。

まさにクチナシのイメージ通りの歌。

 

一方で『やさしさに包まれたなら』では「くちなしの香りのやさしさに包まれたなら きっと目に映るすべてのことはメッセージ」とあり、クチナシの香りが効果的に使われています。ここでは「目に映るすべてのこと」、つまり口に出されない、言葉になってないことにもメッセージがあるんだ、っていうことをクチナシ(口無し)の香りを使って暗に指し示してます。

 

そう読んでみると、めっちゃ日本人っぽい考え方に合ってる花な気もしますね、クチナシの花は。

いわゆる察しの文化というか。

 

そういうところが、クチナシが歌にうたわれる所以な気もしてきました。

ま、考えすぎな気もするけど!

 

ちなみにブランキー・ジェット・シティの『15才』では煙草をすすめたら「口がないから吸えないって言う」ってめちゃめちゃ矛盾した人が出てくるんですがそれが衝撃的でした。必然性があって、説得力があれば詞は矛盾していいんだ、ということを知った名曲です。

 

夜の音楽。

80年代とかポスト・パンク、ニューウェイヴ的なひねくれた音楽がいいな、

と思って最近よく聞いてます。

 

都会的な、夜の音楽。

メロウさと屈折を備えた。

 

みんな、もっとひねくれればいいのにな。

 

 


King Crimson - Neal And Jack And Me (live)

King Crimsonはそんなに聴いてないけど、この時期のは結構好き。

 

 エイドリアン・ブリュー、キレキレ。後半のメロウさもいい。

あまり関係ないが最近のエイドリアン・ブリューの写真見てびっくりしました。

Adrian Belew Photos (8 of 42) — Last.fm

 面白おじいさん。

 

 


吉田一郎不可触世界 - 法螺 @ りんご音楽祭2016

サンプラーとベースと歌っていうシンプルな組み合わせもいいね。

 


King Krule - Czech One

まだ23歳!なのに渋すぎる。King Krule!

時折デヴィッド・ボウイみたいに見える。

 

 

秋の夜長に。

 

というには最近寒くなりすぎじゃないだろうか。急に。

静かな演奏。

普段、ロックだのPopだのうるさい音楽ばっか聞いてるとたまに、全部うるせーな!と思って、静かな音楽を聴きたくなるときがある。

 

少なくとも自分にはそういう時期が定期的に訪れるんですが、皆ないんだろうか。

 

街中やテレビから聞こえてくる音楽もとにかくうるさく、

こちらに注目!みたいに聞こえてうんざりするようなとき。

 

静かだったり、歌のない音楽が聴きたいとき。

 


Alex Riel: Extended Drum Solo

 


Bill Frisell - "A Hard Rain's A-Gonna Fall" (solo) | Fretboard Journal

 


Mike Watt - Instrumental Part 2 (Live at TONY)

 

自然なダイナミクスのある演奏っていうか、こう、

とても静かなところを表現できる人はいいなーって思う。

This is ミュージシャン。

 

しかし、テレビでもこういう音がたまには流れてきたらいいのにね。

ま、うるさいのも好きだけどさ。

 

どうも偏りすぎな気がしてる。

歌とか、ギチっとつまった音に。