土臭い音楽

どこか土臭さのある音楽が自分はやはり好きなんだな、と感じて、

この頃、よく聴いてます。

 

でも土臭さ自体が大事なんじゃなくて、民謡とかもそうだけど、

演奏してる体とかがリズムに乗っている体が和声や構成がシンプルな分、

共有しやすく感じるっていうか、より見えやすいっていうか。

 

大きな波のようなリズムに気ままに乗りたいんですよね。

そのための単純さってある気がします。

 

 

The Wood Brothers - One More Day

見ればわかる通り、とにかく達者な人たちなんですが、

特にギターのカッティングの右手の使い方、ほれぼれします。

スネアの音も素晴らしい。

途中のベースの人のダンスも心から楽しんでる感じがして素敵です。


Deer Tick - Ashamed (Live in New York)

最近Nirvanaの再結成?ライブでボーカルとしてステージに立った

John McCauleyのいるDeer Tick。

The Replacementsのカバーもいっぱいやってるバンドです。

(ちなみにこのライブで披露しているJohn Lennonのカバーも素晴らしいです。)

"Ashamed"は以前から好きな曲だったのですが、こんなオルガン中心に

演奏してる時もあったんですね。そして、良い。初めて知りました。

 

Mary Gauthier - Mercy Now

 アメリカの女性フォークSSW、Mary Gauthier。

すごくいい声。録音も素晴らしい。

 

 

(Sandy) Alex G - Bobby

色んな曲調のある人なのですが、この曲はちょっとRyan Adamsのいた

Whiskeytownを思い起こさせます。

フィドルバンジョーってやっぱいい響きですね。

ライブ映像見るとより若さとひたむきさを感じて、なんとも言えない良さがあります。

どこにもたどり着かない感じ、というか。

 

たまに無性に聴きたくなるピアノバラード

タイトルにしておいてなんだけど、バラードって何なんだろう。

どこか安っぽく感じてしまってあんまり好きな言葉ではないけど、

他に言い方思いつかないから、仕方なく使ってます。

 

他にいい言葉ないんでしょうか。これ。

 

 

Cat Power - The Greatest

Cat Powerはとにかく声がゴージャスで、

この声の持つ雰囲気だけで自然と何割増しか豪華に聞こえる気がします。

この曲は映画『マイ・ブルーベリー・ナイツ』でも流れてて印象的でした。

いや、演奏も音も素晴らしいんだけども。ドラムの繊細さよ!

しかしこの曲の進行とかめっちゃ単純なのに、そう聴こえないんですよね。

 

続きを読む

ベースラインの美しい曲

ずっと使っていたオーディオテクニカのヘッドホン……気が付いたら、

イヤーパッドやらヘッドバンドやらボロボロになってしまっていたので、

とうとう買い替えることにした。

 

10年間ぐらい毎日使ってたんだから、そりゃまーそうなるよね……。

それでもまだ音はちゃんと良い音出るんだから、えらい。

 

で、変えたヘッドホンですが、下の方の帯域が以前のヘッドホンよりも伸びるので、

ベースが見えやすく、ベースを聴くのが何だか楽しくなってしまった。

 

というわけで、今日はベースラインが美しいと思う曲を何曲か集めてみました。

 

続きを読む