読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グッときた1曲 Tipographica 『そして最後の船は行く』

グッときた1曲

この頃、とりあげてた音楽と急に毛色が違うものになりますが、

最近またTipographica聴いて、とても好きだなと思ったので。

 

 God says I can’t dance(HQ-CD)
God says I can’t dance(HQ-CD)

 

DCPRGもいいんですけど、先にピンときたのはTipographicaなんですよね。

もちろんどちらも後追いなんですが。

 

ユーモラスなフレーズが自分の性に合ってる気がするんです。

 

 

そういえばフリージャズも自分は意外と好きなんですが、なぜ好きかというと、やはりユーモアのあるフレーズが多いからなんじゃないか、と思ってます。

アルバート・アイラーオーネット・コールマンエリック・ドルフィーも。

 

フリージャズっていうと深刻そうなイメージですけど、案外そうでもないんじゃないか、と思ってます。

 

聴いてるとなんか元気になるんですよね。頭のネジが外れて。

 

この『そして最後の船は行く』も踊れるし、聴いてると元気でます。

 可笑しいと同時にメロディがとても美しい曲です。

 

しかし、なんて演奏上手いんだろう。あんまり上手いと反射的に笑ってしまいますよね。

あの笑いは何なんだろう。

 

突き詰めたものは笑えるってことなんでしょうか。